メールを送信するにはHTML形式テキスト形式があります。
HTML形式は背景に画像を貼り付けられるなど、ホームページと同じデザインができる一方
ネット上の画像にリンクして貼り付ける事ができるため、メールの開封確認にも使用される
可能性があります。
そのため迷惑メール等の業者に利用される可能性があります。

一般に、メールのやりとりはテキスト形式で送信するのが、暗黙の了解でしたが
マイクロソフトのOutlook ExpressがHTML形式を標準設定にしているため、最近は
HTML形式のメールが増えています。

HTML形式のメールは受信側のメールソフトで読めない場合や携帯電話に転送している
場合にはトラブルの原因になります。
特別な使い方をしない限り、テキスト形式でメール送信することをお勧めします。

もっとも使用されているOutlook Expressについて設定方法を記述します。

一番上のメニューのツールを選択
次にオプションをクリックしてください。
オプション設定画面が表示されます。
上側の送信タグを選択してください。
右の様な設定画面が表示されたら、
メール送信の形式 テキスト形式のラジオ
ボタンをチェック
して下さい。
後は一番したのokボタンをクリックすれば
設定終了です。
ウイルスメールや迷惑メールの中にはプレビューしただけでトラブルを起こす
ものがあります。
Outlook Expressでは標準でプレビュー画面が表示されています。ここでは、メールを
開かない限りプレビューされないようにする設定を記述します。
一番上のメニューの表示を選択
次にレイアウトをクリックしてください。
ウィンドウのレイアウトのプロパティが
表示されます。
プレビューウィンドウの
プレビューウィンドウを表示するの
チェックボックスのチェックを外す

後は一番したのokボタンをクリックすれば
設定終了です。